2021年 10月 6日(水)~ 7日(木)

いつもお世話になっております。
企画システムコンサルティングの石川です。
今回は、私が講師を務めています「新・商品企画七つ道具セミナー」をご紹介します。

今年度の期日は10月8日(水)、9日(木)になりました。
セミナー内容、グループワークは対面時と同じでリモート開催します。

講師、参加者もリモート参加になります。
私は事務所のWi-Fi環境が悪いため、日科技連にて講師を務めます。
今回からリモート開催のため、受講の方が東京に来られない方でも参加できます。

1.商品企画七つ道具の概要

本セミナーの特徴として、商品企画をものづくり視点、
品質視点、TQM視点に置いた内容となっています。

商品企画において、市場発掘ではなく、自社の商品に向き合い、
顧客満足度向上と価値創造をPDCAで改善改良していきます。

ものづくりの上流工程における新商品企画に、顧客価値創造は必須です。
一方、マーケティングでの新商品企画は『市場の創造』に焦点が当たります。
そのため「どう売るか」に焦点を当てます。

しかし、企画の段階では「どう売るか」より「どう作るか」が大切です。
それは、商品自体に向き合うことであり、
顧客に向き合う「共創」するということが重要です。

2.「新・商品企画七つ道具」手法

「商品企画七つ道具」は1993年に発表され、
大学教授陣、製品開発担当者、産学による研究と実践を28年に渡り続けられた手法であり、
今もなお結果を出し続けています。

また、商品企画七つ道具はTQM活動で重要なシステム化、定式化、定型化、しくみ化を目標として、
組織にて取り組むことができる手法です。

当セミナーの手法である「新・商品企画七つ道具」は「商品企画七つ道具」の問題を改良し、
仮説思考の手法にと考案された手法です。

3.新・商品企画七つ道具セミナーの開催のご案内

特徴
・商品企画システムの方法
・仮説構築
・顧客接近
・仮説の検証

演習
・手法と演習の繰り返しで、即実践になります。

実践へのフォロー
・講師陣によるセミナーフォローを行います。

セミナー内容
1)新・商品企画七つ道具概要
2)仮説発掘、仮説創造
 ・仮説発掘法
 ・アイデア発想法
3)仮説の検証
 ・インタビュー調査
 ・アンケート調査
4)仮説の方向性
 ・ポジショニング分析
5)仮説の具体化
 ・コンジョイント分析
6)要求品質と技術の橋渡し
 ・品質表

新・商品企画七つ道具セミナー
https://www.juse.or.jp/src/seminar/detail/99/26041

開発担当者、TQM実践担当といった業務に携わるみなさま、
顧客価値創造対策への展開をお願い致します。

事前にセミナー内容を検討の場合は訪問またはオンラインにて説明致します。
是非、これを機に参加のご検討をお願い申し上げます。

受講された方は、関係部署へご紹介頂ければ幸甚でございます。

新・商品企画七つ道具セミナー
開催日 2021年 10月 6日(水)~ 7日(木)
開催時間 第1日 9:20〜18:30 第2日9:00〜17:30
費用 71,500円(一般)/ 63,800円(会員)*税込